パレットプラザのフォトブックは製本が一味違う!

今や写真屋さんの定番メニューとなったフォトブックですが、一般的にフォトブックといえば、光沢のある厚紙に写真を印刷し、簡易な製本で綴じただけ、というシンプルなものが多いようです。自宅で作ろうとすると大変だけれども、質感的には自宅でプリントするのと大差ないかな、という感じの仕上がりでした。

 

パレットプラザのフォトブックは製本に秘密あり

パレットプラザのフォトブックはひと味違います。写真のプロを自負するパレットプラザが満を持して世に送り出したのが「新フォトブック」です。その大きな特徴は製本にあります。市販の写真集のように、ページとページの綴じ目のところで写真が途切れず、開くと平らになる「フルフラット」を実現しているのが最大の目玉です。紙質にもこだわり、ページがめくりやすく、強度のある特殊な紙を使用しています。また、本全体としてはハードカバータイプを採用しており、絵本のようなしっかりとした仕上がりは自宅では到底作れないクオリティ。市販の写真集ですと言われても疑わないほどの装丁は圧巻です。

フォトブックの注文方法

実に本格的なフォトブックですが、注文方法は簡単。写真の記録されているメディアをパレットプラザのお店に持ち込み、店頭に設置されている端末でデザインを決めて発注となります。店頭で写真をプリントするのと同じような感覚ですね。納期は注文からだいたい2週間です。

パレットプラザのフォトブックの仕様について

フォトブックの仕様についてですが、最小24ページから最大120ページまで、2ページ単位で追加が可能ですので、写真の枚数に応じてジャストサイズの1冊を作ることができます。サイズは最小でA5縦から最大でA3スクエアまで5サイズ展開です。アルバムの表紙は無地、模様入り、キャラクターデザイン入りなどから選ぶことができます。価格は、最小サイズ・最少ページ数で2980円からとなっており、さすがに一般的なフォトブックよりは高価になりますが、仕上がりを見れば納得のいくところではあります。

以上のように、写真屋さんならではの超高品質が自慢の新フォトブック。自分用にも、贈り物用にも注目の商品といえるでしょう。

製本が自慢のパレットプラザのフォトブックはこちら。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)