フォトブックを作るのって面倒!?本当は手軽に作れるフォトブックの魅力

デジカメの普及によって、撮った写真をパソコンに保存するという人も多くなりました。また、最近ではスマホで写真を撮ることができるため、撮った写真をそのままスマホに保存したり、SNSへアップロードしたりと使い方はさらに変化しています。

パソコンやスマホで写真を見ることができるようになると、「わざわざ手間とお金をかけてまでフォトブックを作る意味なんてあるの?」と思う人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、知ってしまえば簡単なフォトブックを作る手順や、フォトブックの魅力について紹介したいと思います。

フォトブックを作るのは面倒なの?

以前は写真アルバムを作るためには、写真を撮った後に

  • フィルムをお店に持っていってプリント
  • アルバムを購入

などのように、お店に足を運ぶ必要がありました。

それに対してフォトブックの作成は、パソコン内に保存した写真を使って

  • アルバムのサイズやページ数、デザインなどを選択
  • プリントする写真を選択

のように全てパソコン上で行うことが可能です。

スマホだけでも作成可能

スマホに保存してある写真を使うのであれば、スマホだけでフォトブックを作成することが可能です。
スマホで操作がしやすいように、作成から注文まで可能な”フォトブック作成アプリ”が各社から出されていますので、初めて作るという人でも迷うことはありません。

凝りたい人にも満足なさまざまなカスタマイズ

パソコンやスマホから簡単に作れるフォトブックですが、

  • 1ページに複数枚の写真を配置したい
  • 写真だけでなくタイトルやメッセージなどの文字を入れたい

といったことも可能ですので、フォトブックの作成に慣れたらぜひやってみてください。

フォトブックの魅力とは?

手に取ってみんなで盛り上がる楽しさ

撮った写真を見るのは自分だけではありません。遊びに来た友達や両親に見せるなんてこともありますよね。

卒業アルバムを思い浮かべると分かりやすいのですが、友達の家に遊びに行ったとき卒業アルバムを見つけて、みんなで見て盛り上がったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

たしかに昔の写真や、知り合う前の写真を見るのって楽しいですが、「パソコンに入っている昔の写真見せて!」なんてことにはならないですよね。

やはり、さっと手に取ってみんなで見ることができるというのは、大きな魅力ではないでしょうか。

思い出が凝縮されたフォトブックで得られる感動

デジカメやスマホはデータ量を気にしなければいくらでも撮れるので、スマホでも数百枚、パソコンだと数千枚の写真が入っているという人もいるのではないでしょうか。

フォトブックは簡単に出来ると紹介しましたが、どの写真を載せるかを選ぶ必要はあります。選ぶときには写りがいいというだけでなく、印象深いシーンかどうかも考えますよね。

そのようにして数百枚、数千枚の中から選んで作ったフォトブックには思い出が凝縮されており、後で見返したときに得られる感動も一際大きなものになります。

おわりに

フォトブックの作成や魅力についてまとめてみました。
自分で保管するにはもちろん、写真を見せたい相手へのプレゼントとしてもフォトブックは喜ばれますので、ぜひ一度は作ってみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)